So-net無料ブログ作成
小樽雪あかりの路♪ ブログトップ
- | 次の15件

休憩中です! [小樽雪あかりの路♪]

201002051534000.jpg
差し入れのコロッケを喰ってます。


2010-02-05 15:36  nice!(17)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

雪あかりの路初日 [小樽雪あかりの路♪]

201002051429000.jpg
吹雪です。 見に来られる方は、防寒対策をしっかりとして来た方がいいでしょう。


2010-02-05 15:03  nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

本日より『小樽雪あかりの路』支援のため・・・ [小樽雪あかりの路♪]

IMG_5517.JPG
小樽に行ってきます。
しばらくコメント返し&nice!返しが出来ませんが,
ご了承くださいm(_ _)m

小樽雪あかりの路』では,5日(金)と6日(土)に
スノーキャンドル作り等のボランティアで参加してます^^b
見かけましたら,ぜひお声を掛けてください。

可能な限り,携帯でも実況更新する予定です~♪

 


2010-02-05 01:00  nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

『第11回 小樽雪あかりの路』♡♡♡♡♡♡ [小樽雪あかりの路♪]

 

 最後になりましたが,「小樽運河会場」と並ぶメイン会場のひとつ
 「旧手宮線会場」の様子です。
 

〈旧手宮線会場〉

442.JPG
300.JPG
028.JPG

 


340.JPG
441.JPG
023.JPG

 

445.JPG
320.JPG
022.JPG

 

330.JPG
447.JPG
020.JPG

 

350.JPG
390.JPG
027.JPG

 

310.JPG443.JPG
021.JPG

 

444.JPG380.JPG
024.JPG

 

360.JPG446.JPG
025.JPG

 

370.JPG440.JPG
026.JPG

 

♡♡♡.JPG
省力化・機械化・簡素化のこの時代に,あえて電球や電飾を使わず,
風が吹けば消えるロウソクを使い,
消えては点け,消えては点け・・・

ロウソクの熱で毎日壊れるスノーキャンドルを,
壊れては直し,壊れては直し・・・

多くの人手と手間をかけているこのイベント,
良く考えてみると,とても贅沢なイベントなのかもしれませんね^^b

人々のぬくもりと,ロウソクの美しい輝きに出会えるイベント・・・
『小樽雪あかりの路』 ぜひお越しください[るんるん]

   

  


2009-03-07 01:00  nice!(23)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第11回 小樽雪あかりの路』♡♡♡♡♡(ボランティア編) [小樽雪あかりの路♪]

 

〈小道具編〉

1.JPG
私が,雪あかりのボランティアに持って行く小道具です^^b

 

2.JPG
まずは,☆型と♡型の型枠です(゚∀゚)ノ

 

3.JPG
キャンドルにアクセントを加えるのに欠かせないアイテムです。
この型枠に,雪をギュギュっと詰め込んで~

 

4.JPG
ポンと外せば・・・

 

5.JPG
あっという間に,☆や♡の出来上がりです^^v

 

6.JPG
ロウソクの明かりを灯せば,闇夜に幻想的に浮かび上がります♪

 

7.JPG
可愛いでしょ[揺れるハート]

 

8.JPG
次にカイロで~す。
真冬の屋外での作業は,体の芯から冷えます。
背中とお腹にカイロを貼って,完全防備で作業に挑みます^^

 

9.JPG
そして,軍手と飲み物です。
スノーキャンドルを作る時は,軍手を履いたその上に
ゴム手袋を履いて作業をします。
手袋を二重に履いても,指先が冷えますよ^^;
飲み物は,寒い屋外の作業でも水分補給は大切です。
本部に帰れば飲み物は用意されていますが,
帰る時間が惜しいので持ち歩いています。

 

10.JPG
最後に,チャッカマンと小さいスコップです。

 

11.JPG
小さいスコップは,スノーキャンドルを加工するのに
あった方が便利です。
一個一個手抜きせずに,見えない部分も完璧に仕上げています^^b

 

〈ボランティア本部編〉

12.JPG
ボランティア本部は,美術館や文学館が同居している
小樽分庁舎という建物内にあります。

 

13.JPG
本部は,机やパイプイスが並ぶ殺風景な室内です。
ボランティアの待機場所や休憩場所も兼ねています。

 

14.JPG
本部内の事務局の風景です。
仕事をしているなって感じの机ですね^^

 

15.JPG
こちらは,ボランティアの受付場所です。
ここで,ボランティアの登録を済ませ・・・

 

16.JPG
名札を作ります^^b
作業中は,この名札を着用して行動します。
何回も使っているので,ボロボロになってま~すヾ(´▽`;)ゝ

 

17.JPG
本部内の壁には,ボランティアへの注意事項や指示事項が
書かれています。
各会場の,その日のボランティア数や作業の内容も
書かれているので,作業前には目を通しておいた方が良いでしょう。

 

18.JPG
決して広くはない本部内には,作業道具が所狭しと並んでいます。

 

19.JPG
ゴム手袋の数も,半端じゃない数です。
ちなみに,ゴム手袋等は借りれますので,防寒具の用意さえすれば
手ぶらでボランティアに参加出来ますよ^^b

 

20.JPG
雪あかりの主役のロウソクが入ったダンボールも
うず高く積まれています。
期間中は,メイン会場だけでも6万本のロウソクが使われます。

 

29.JPG
こちらは,使用済みのロウソクです。
まだ使えるモノと,使えないモノに分別されて・・・

 

22.JPG
使えるモノは,芯を切り出し再び会場へ,

 

23.JPG
使えないモノは,後日溶かされて・・・

 

24.JPG
ワックスボウルへと再生されます。

 

25.JPG
再び命を与えられて,会場へと還って行くのです^^b
エコロジーな心が,このイベントでは随所に見られます。

 

26.JPG
今年は,日本全国および韓国,中国からの海外ボランティアを含め
10日間のイベント中,延べ2797人のボランティアが参加しました。
ボランティアの力無くして,雪あかりの路は成功できません。
来年は,あなたも参加してみませんか(゚∀゚)9
 

 


2009-03-06 01:00  nice!(25)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第11回 小樽雪あかりの路』♡♡♡♡(小樽運河会場編) [小樽雪あかりの路♪]

P2140110.JPG
『第11回 小樽雪あかりの路』が終わって,早1ヶ月が経ちました。
今年は,世界的な不況や期間中の悪天候も重なって
去年(57万人)よりも来場者数は減少しましたが,
それでも,10日間で47万人の観光客が訪れたそうです。 
「さっぽろ雪まつり」と同じ時期に開催される冬のイベントとして
広く認知され,定着したのではないでしょうか^^b


「手づくりのおもてなし」がコンセプトのこのイベント,
毎年,多くのボランティアに支えられて運営しています。
私も,毎年ボランティアとして参加し,イベントの内側からも
外側からも楽しませて頂いてます^^
私のブログを通して,「雪あかりの路」の楽しさが
皆さんに少しでも伝われば幸いです。
そして,来年も多くの方がボランティアとして
参加してくれるコトを願います。


今日から三日間に渡って,「雪あかりの路」の
表側や裏側の様子をお届けします。[るんるん]
よろしくお付き合いくださいm(_ _)m

 

〈小樽運河会場編〉

1.JPG
『小樽雪あかりの路』のメイン会場のひとつ,「小樽運河会場」です。

 

2.JPG
小樽の有名観光スポット「小樽運河」にも
キャンドルが浮いています。

 

3.JPG
これは『浮き球キャンドル』というもので,仕掛けた網の目印として
漁に使う浮き球の中に,ロウソクを入れて明かりを灯したものです^^b

 

4.JPG
午後5時頃に,ロウソクに火を灯し運河に浮かべ始めます。
この作業も,ボランティアの仕事のひとつです。

 

5.JPG
小樽のレトロなイメージにぴったりの光景。
「運河と坂とガラスの街」と言われる,小樽ならではの
キャンドルです(゚∀゚)b


 

6.JPG
運河に浮かぶ約400個の浮き球キャンドルが,運河の夜を
幻想的に照らします♪

 

7.JPG
「小樽運河会場」は,浮き球キャンドルの他にも,
個性的なスノーキャンドルがたくさんあります。

 

8.JPG
この会場は,主に「OKOVO(オコボ)」という
韓国人ボランティアチームが,作業を担当しています。

 

9.JPG
『小樽雪あかりの路』の手作りのコンセプトに共感し,毎年,
このイベントを支えるために,自腹でボランティアとして
参加してくれています。

 

10.JPG
今年はウォン安で,負担は大変だったと聞きましたが,
それでも52人ものボランティアが来樽されたそうです。

 

11.JPG
彼らの情熱と尽力には,頭が下がる思いですね^^

 

12.JPG
私もコンセプトに共感し,毎年,日本を代表して
ボランティアとして参加しています♪


 

13.JPG
地元北海道の人間ががんばらなければ,
遠くからボランティアで来ている方々に
申し訳が立ちませんからね^^b

 

14.JPG
15.JPG

 


2009-03-05 01:00  nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第11回 小樽雪あかりの路』♡♡♡ [小樽雪あかりの路♪]

P2140047.JPG
昨日(15日)で,『小樽雪あかりの路』が終わりました~
応援してくださった皆様,ありがとうございました♪

 

P2140085.JPG
雪あかりの記事は,まだちょっと先になりそうです。
しばし,お待ちを~ m(_ _)m

 


2009-02-16 01:00  nice!(24)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第11回 小樽雪あかりの路』♡♡ (後編) [小樽雪あかりの路♪]

1.JPG
この『雪あかり』のイベントの多くは,ボランティア活動によって
まかなわれています。
日本全国のみならず,韓国や中国からもこのイベントを支えるため
ボランティアとして多くの方が参加しています。

 

2.JPG
ボランティアの仕事も多岐に渡り,スノーキャンドルやオブジェの作製,
ロウソクの点灯&回収&再生,物品の配布や販売,観光案内や
観光客数調査など様々です。
屋外活動が多いので苦労するコトが多いかもしれませんが,
大変やりがいがありますよ!

 

3.JPG
自分の都合の良い日の都合の良い時間帯だけの参加でOKですので,
皆さんもぜひ参加してみてくださいね^^b
一生の思い出になります[ぴかぴか(新しい)]

 

4.JPG
スノーキャンドル作りもひと段落着いたので,ロウソクの点灯に
移りました。

 

5.JPG
『雪あかり』は明日(2月6日〔金〕)からなのですが,
この日(2月5日〔木〕)は試験点灯として,一部区間で
キャンドルに火を灯しました^^b

 

6.JPG
スノーキャンドルに命を吹き込みます[るんるん]

 

7.JPG
8.JPG
9.JPG
この瞬間が,何とも言えないですね(゚∀゚)

 

10.JPG
これは,使用済みロウソクを溶かして作ったワックスボウルです。
側面には,本物の落ち葉や木の実を貼り付けてあります。

 

11.JPG
この中にロウソクを入れて・・・

 

12.JPG
点灯すると・・・

 

13.JPG
やさしく柔らかみのある明かりとなって,会場を照らします。
風情がありますね~♪

 

14.JPG
この区間のメインオブジェのひとつ「凱旋門」も,
化粧雪の貼り付け作業が終わりほぼ完成です。

 

15.JPG
「凱旋門」の手前の「天使の食卓」にも,アイスキャンドルが
並べられました。

 

16.JPG
アイスキャンドルなので触ると冷たいのですが,
とっても暖かい灯りですね^^

 

17.JPG
中はこんな感じになってます。
作るのが難しそうです。

 

18.JPG
スノーキャンドルもアイスキャンドルも,ロウソクを点灯すると
熱で毎日溶けます。
この補修や再生も,ボランティアの作業のひとつです。

 

19.JPG
地味な作業が多いですが,このイベントを見に来てくれる
多くの観光客に喜んでもらえるよう,ボランティアは皆全力で
作業に取り掛かっています^^

 

20.JPG
21.JPG
22.JPG
去年は,期間中57万人の方が『雪あかり』を訪れたそうです。
今年もきっと,たくさん来てくれるでしょう(o^∇^o)ノ

         


2009-02-08 01:00  nice!(31)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第11回 小樽雪あかりの路』♡ (前編) [小樽雪あかりの路♪]

雪あかり.JPG
第11回 小樽雪あかりの路』が,いよいよ始まりました(゚∀゚)ノ
真冬の小樽の夜を,キャンドルの暖かい明かりで照らし出すという
この冬のイベント,2月6日(金)~2月15日(日)までの10日間,
小樽運河や旧手宮線など,小樽市内約30ヶ所を舞台に行われます。

 

1.JPG
私は,去年もボランティアとして参加しましたが,今年も
ボランティアとして参加すべく2月5日(金)に,小樽へ行ってきました。

 

2.JPG
まずは,『旧手宮線会場』横の「小樽市分庁舎内」にある,
小樽雪あかりの路本部で受け付けです。
観光のついでの飛び込みでも,ボランティア参加OKですので,
我こそはと思う方は,いつでも参加してくださいね^^b

 

3.JPG
初めてボランティア登録される方は,写真撮影や注意事項の説明等
いろいろな手続がありますが,既に参加経験がある方は
名札を作るぐらいで終わります。
ちなみに,去年と違うトコロは,会場毎に使う道具が分けられたコトです。
道具に色が付けられているので(例えば 手宮B2は黄色 運河Aは青)
違う会場に違う色の道具を持って行かないように注意しましょう^^b

 

4.JPG
私が担当した会場は,北海道で最初に開通した幌内鉄道の廃線跡地,
『旧手宮線会場』です。
この会場は,『小樽運河会場』と並ぶ,「小樽雪あかりの路」メイン会場の
ひとつです。

 

6.JPG
既に,トンネルや巨大オブジェなどの大物は作製済でしたので,
スノーキャンドルの作製や,ワックスボウルの設置が
今日の主な作業です^^

 

5.JPG
やはり小樽も,今年は雪が少ないですね~
去年の,3分の1ぐらいの雪の量でしたよ。

 

7.JPG
早速,作業に取りかかります。
去年も使いましたが,☆型の型枠に・・・

 

8.JPG
雪をギュギュッと詰め込んで・・・

 

9.JPG
ポンと取り出し・・・

 

10.JPG
これをスノーキャンドルに載せて,完成です( ・∀・)∩

 

11.JPG
今度は,♡型の型枠に・・・

 

12.JPG
同じように,雪をギュギュッと詰め込んで・・・

 

13.JPG
ポンと取り出し・・・

 

14.JPG
スノーキャンドルに載せれば,完成です[揺れるハート]
簡単でしょ(゚∀゚)b

 

15.JPG
この日は,数え切れないぐらいの☆型と,

 

16.JPG
♡型を作りました。
さすがに,腕が筋肉痛になりましたよ^^;

 

            (後編に続く)

 

 


2009-02-07 09:24  nice!(29)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『第10回 小樽雪あかりの道』☆☆☆☆ [小樽雪あかりの路♪]

IMG_5697.JPG
好評のうちに終了した 『第10回小樽雪あかりの路』から
早1ヶ月経ちました。
今年は,57万人の方が訪れ,イベントを支えるボランティアも
2551人参加したそうです。

私も,2551人の一人としてボランティアに参加し
貴重な体験をさせて頂きました^^
ブログでも,4回程紹介させて頂いたトコロ,かなりの反響があり
改めて参加して良かったなぁと実感しました♪

私のブログを見て,「来年ボランティアに参加してみようかなぁ」と
思う方がいらっしゃれば,ぜひ参加してみてください!
その体験は,一生の宝物になりますよ☆

雪あかりの写真を整理していたら,お蔵入りしていた写真が
たくさん出てきました♪
とりとめのない解説を交えながら御紹介しますね^^b


おヒマがあったら見てください↓

1回目の記事  小樽雪あかりの路(みち)☆
  (手宮線会場&イベント前日の様子&スノーキャンドルの作り方)

2回目の記事  小樽雪あかりの路☆
  (小樽運河会場&スノーキャンドルの作り方)

3回目の記事  小樽雪あかりの路☆☆
  (手宮線会場)

4回目の記事  小樽雪あかりの路☆☆☆
  (手宮線会場&最終日)

 

〔ロウソク編〕


1.JPG
イベントの主役と言えば・・・

 

2.JPG
ロウソクなのですが,

 

3.JPG
このロウソクは,メイン会場だけでも,期間中約6万本使用します^^b



4.JPG
ロウソクは4時間程で消えてしまいますが,途中で消えるロウソクも多く
毎日毎日たくさんの使用済みロウソクが本部に集められます。

 

5.JPG
使用済みロウソクの中には,まだ使えるモノもあるため・・・

 

6.JPG
カッターで削って,芯出しをして再利用します^^b
これも,ボランティアの大切な仕事の一つです。

 

7.JPG
カッターで鉛筆を削るのが好きな方には,もってこいの作業です♪

 

8.JPG
使えなくなったロウソクは,大鍋で大量に溶かしてゴミや芯を取り除き
ワックスボウルとして再利用します( ・∀・)b

 

9.JPG
使用済みのロウソクも,姿形を変え,再び命を与えられて・・・

 

10.JPG
イベントの主役へと戻って行くのです^^b
モノを大切にする心,エコロジーな心が,
このイベントを明るく照らしています♪

 

〔差し入れ編〕

71.JPG
小樽市の分庁舎内に,雪あかりの路本部はあります。

 

72.JPG
古い庁舎内に,パイプいすと折りたたみ式テーブルが並ぶ
質素と言うよりは貧相な室内です^^;

 

73.JPG
黒板には,ボランティアへの案内や注意事項が並びます。

 

74.JPG
ストーブの上には,不思議な物体が・・・
何だかわかりますか?

 

75.JPG
正解は,ゴム手袋です^^b
内側を乾かすために,ひっくり返してストーブの上に乗せている様子でした♪

 

76.JPG
機材や資材がゴチャゴチャと積まれている室内ですが,
作業で疲れたボランティアの休憩場所でもあります。

 

77.JPG
その室内の一角に,「差し入れ」の品々が並びます^^
「差し入れ」は,ボランティア自身が持って来たモノや
小樽市内からの企業から贈られたモノです。
小樽市の財政は非常に厳しいため,イベントには殆どお金を出せません。
そのため,イベント支えるために一所懸命にがんばるボランティアのために
地元の方達や企業が一体となって,支援しているのです。
いわば,ボランティアのボランティアと言ったトコロでしょうか^^b

 

78.JPG
これは,大鍋で作ったココアと豚汁です。
何十人分あるんでしょうかね??

 

79.JPG
イベント期間中,各地からぞくぞくと「差し入れ」が届きます。
心も体も温まりますよ( ・∀・)

 

〔小樽運河編〕

51.JPG
『小樽雪あかりの路』のメイン会場の一つ「小樽運河会場」。
周辺の倉庫街の雰囲気と,ロウソクの明かりがマッチして
とてもいい感じですね^^

 

52.JPG53.JPG
55.JPG54.JPG
連日,多くの観光客の方々で賑わいます。

 

56.JPG
運河には,「浮き玉キャンドル」が浮かんでいますが・・・

 

57.JPG
だいたい17時頃に,運河に浮かべ始めます。

 

58.JPG
ガラス製なので,割らないよう慎重に作業を進めます。
私はまだやったコトないのですが,これも,ボランティアの仕事です。

 

59.JPG
この浮き玉も,地元小樽の職人さんが丹精込めて作っています^^b

 

60.JPG
無事に運河に浮かんだ,約400個の「浮き玉キャンドル」
21時にイベントが終了すると,また回収します。
イベント期間中は,毎日この繰り返しです。

 

61.JPG
地味で寒い作業ですが,運河の明かりを守っています♪



〔手宮線会場編〕

81.JPG
先程紹介した「浮き玉キャンドル」ですが,
「手宮線会場」では,地上に置いたり・・・

 

82.JPG
上から吊るしたりしています^^b

 

83.JPG
暖かい光が雪に反射して,とても綺麗です(・∇・)b

 

86.JPG
この「手宮線会場」は,運河会場よりも幅が広いので
キャンドルも,趣向を凝らした規模の大きいモノが並びます。

 

88.JPG
これは,串だんごみたいですね^^

 

89.JPG
これは,高さ1mぐらいの,本格的な雪だるまキャンドルです♪

 

84.JPG
通りの真ん中に設置された,スノーピラミッドも夜になると・・・

 

85.JPG
燃えるような,巨大なキャンドルへと様変わりです☆

 

87.JPG
こちらは,氷で作られた「アイス・バー」
氷に囲まれた店内で,酒が飲めます^^b
かなり好評のようでしたよ。

 

92.JPG
この会場は,線路跡地にあるので縦に長い会場です。
両脇をキャンドルに囲まれた風景は,まさしく,あかりの路になっています。

 

91.JPG
93.JPG
94.JPG
90.JPG
あなたなら,どの路を歩きたいですか?( ・∀・)b



〔おまけ〕
   私が作ったキャンドル達ですw

   111.JPG     112.JPG
113.JPG114.JPG
115.JPG
来年も,ボランティアとして参加するつもりです。
来場して頂いた方達に,少しでも喜んで頂けるようにがんばります(゚∀゚)ノ

 


2008-03-21 00:00  nice!(32)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小樽雪あかりの路☆☆☆ [小樽雪あかりの路♪]


『小樽雪あかりの路』最終日の17日(日)も,
ボランティアでスノーキャンドル作りに参加してました(・∀・)

 


今日の担当は,「手宮B2」会場です。
この会場は,7日にも担当してました^^

 


前日から降り続く大雪で,会場はすっぽりと雪に包まれてます。
土日で,30センチぐらいは降ったでしょうか。。。

 


まずは,雪に埋もれているスノーキャンドルを掘り起こします。
壊れているキャンドルは,作り直します。

 


細心の注意を払いながら,ほうきで,やさしく雪を払います^^

 


キャンドルが足りないトコロは,新たにスノーキャンドルを作ります。
この作業が,一番楽しいんですよね♪

 


もう何個も作ってるので,さすがに慣れました^^
3段のスノーキャンドルは,15分ぐらいで作れますね☆

 


仕上げに,この前公園で拾ってきた枝を使って・・・

 


雪だるまを作りました♪

 


てっぺんに乗っけて出来上がり~o(^∀^)o
なんか,ちょっとエラそうですねw

 


今年ほど,雪だるまを作った年はないですね。
50個以上は,作ったかな(・∀・)

 


17時近くになり,いよいよロウソクの点灯です。

 


小樽市内のロウソク屋さんが,雪あかり用に作っているロウソクです。
燃焼時間は,約4時間です^^b

 


すべてのキャンドルに,ロウソクが灯されました。

 


この会場のメインである,グランドクロスにも灯が入りました。

 


自分で作ったキャンドルに,自分でロウソクを灯す瞬間が
たまらないんですよね(゚∀゚)ノ
命を吹き込むような感じです。

 


辺りも薄暗くなり,幻想的な雰囲気に変ります^^

 



ロウソクのやさしい明かりが,小樽の夜を照らします。

 


小さなロウソクの灯りも,たくさん集まれば大きな光へと変ります。

 


私が作ったスノーキャンドルも,おかげで大人気でしたよ♪
なんか,ちょっと気恥ずかしかったですねヾ(´▽`;)ゝ

 


こうして,『第10回小樽雪あかりの路』は,幕を閉じました。
今年は,57万人の観光客の方々が来場し,ボランティアも延べ2400人が
参加したとか。
雪あかりを見て感動し,今度は自分で作ってみたいと
ボランティアで参加する方が年々増えていっているそうです。
皆さんも,来年は作りに来ませんか(・∀・)

 


2008-02-19 07:11  nice!(19)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小樽雪あかりの路☆☆ [小樽雪あかりの路♪]

 
2月8日から17日までの10日間に渡って行われた
『おたる雪あかりの路(みち)』が無事に終了しました。
私も,ボランティアで参加し,貴重な体験をさせて頂きました。
とても楽しかったです♪


期間中,雪あかりへお越し頂いた皆様,ありがとうございましたm(_ _)m
スタッフの皆さん,ボランティアの皆さん,お疲れ様でした。
また来年も,一緒にイベントを盛り上げましょう(゚∀゚)ノ

 



 

ちょっと疲れましたので,雪あかりの記事は後日アップしま~す♪

( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄o ̄)す( ̄ー ̄)み

 


2008-02-18 01:16  nice!(24)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小樽雪あかりの路☆ [小樽雪あかりの路♪]


2月7日に引き続き,バレンタインだった昨夜も,『小樽雪あかりの路』の
ボランティアに行って来ました(・∀・)>

 


今回,私が担当したのは,小樽運河沿いの「運河B会場」です。
この会場は,韓国からボランティアに参加されている方々に
混ざっての活動となります。
韓国語は,あいさつぐらいしか喋れませんが大丈夫かな??

 


私のお仕事は,破損したスノーキャンドルの撤去と修復,そして,
ロウソクの点灯と会場案内です。
会場に着くと,さっそくスノーキャンドル作りから始めました(゚∀゚)ノ

 


前回の会場では,横穴式のスノーキャンドルを作りましたが,
この会場では,縦穴式のスノーキャンドルを作ります。
まずは,バケツに雪をギュウギュウと詰めて・・・

 


そこに,管を突き刺します。

 


管を抜くと,こんな感じで穴が開きます。
この穴は,ロウソクを入れる穴です^^

 


そしてバケツをひっくり返して,ポンポンと叩くと・・・

 


縦穴式のスノーキャンドルの土台が出来上がりました。
出来た土台をちょっと整形して,最後に穴にかぶせるフタを作ります。

 


今回の秘密兵器はこれ♪
100円ショップで買った,ケーキ作り用の型です^^
これに雪をギュウギュウと詰めて,ポンと外すと・・・

 


ハート型のフタの完成です(゚∀゚)ノ

 


星型のフタも,いい出来ですね^^
このフタが,夜になってロウソクを灯すと・・・

 


いい感じになるんですよね♪

 


昨夜は猛吹雪で,サラサラ雪で固まりにくく,かなり失敗しましたよ^^;
特にハートが壊れました・・・  愛情が足りないんですかねぇ(-_-;)

 


それでも2時間かけて,全てのスノーキャンドルが完成しました^^

 


会場は,5時頃に一斉にロウソクが灯されます。

 


夜闇に浮き出される,幻想的な風景。
今夜も『小樽雪あかりの路』が始まりました。

 


私が作ったスノーキャンドルも,全てに火を灯すと・・・

 


それらしく見えるでしょ(・∀・)b

 


昨夜は,バレンタインの夜・・・ 多くのカップルが来場されてました^^b

 


小樽を訪れた全ての恋人達に,いいバレンタインの夜を
プレゼントできたでしょうかねぇ・・・
でも,昨夜は猛吹雪で,ロウソクの火が点けても点けても消えるので
大変苦労しましたよ。
次は,16日か17日に行く予定です。
いい天気になるといいなぁ(*^▽^*)ノ ~♪
 


2008-02-15 07:33  nice!(26)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小樽雪あかりの路(みち)☆ [小樽雪あかりの路♪]


札幌では雪祭りが始まりましたが,小樽でも『第10回小樽雪あかりの路』が
始まりました。
2月8日(金)~17日(日)までの10日間に渡って開催され,
去年は,50万人以上の観光客が訪れました。
今日の開幕を前に,私もボランティアとしてスノーキャンドル作りに
参加して来ましたよ(゚∀゚)ノ

 


まずは,会場横にある「市役所分庁舎」で,ボランティア受付を済ませます。
このイベントは,ほとんどがボランティアの手作りによって支えられています。
随時,イベントを支えてくれるボランティアを募集してますので,
皆さんもぜひどうぞ! 
時間の拘束とかもありません。 好きな時に来て,好きな時に帰れます。
観光ついでに参加できますので,この建物で受付してください^^b

 


『小樽雪あかりの路』は,市内各所で開かれますが,メイン会場は,
「小樽運河会場」と「旧手宮線会場」です。

 


私は,「旧手宮線会場」の〔手宮B2〕を担当しました^^

 


ここのメインは,グランドクロスという十字架のモニュメントで,
毎年,人気を集めています。

 


「旧手宮線」というのは,北海道で最初に開通した鉄道で,
石炭を小樽港まで運ぶために作られましたが,1985年に廃線となりました。
しかし,今でも踏み切りの跡地や・・・

 


線路がそのまま残されています。
廃線された跡地が,そのまま保存されているのもなかなか珍しいと思いますよ。

 


「旧手宮線会場」の〔手宮B2〕に到着しました。
辺りは,小樽らしいレトロチックな住宅街に囲まれています。
こんな住宅街のすぐ横を,線路が走っていたんですね^^

 


これが,この区間のメインモニュメントのグランドクロスです。
まだ,雪の山に立てただけの状態なので,殺風景ですね^^;
これから,スノーキャンドルを製作して飾りつけします。

 


線路の両脇に雪山が積まれていて,この雪山にボランティアが
雪のキャンドルを作ります。
さっそく,作ってみましょう(゚∀゚)ノ

 


まずは,雪山をスコップで掘ります。

 


次に雪玉を作って・・・

 


その雪玉に,水をつけて硬くします。

 


それを,こんな感じで積み上げていきます。
その後,中にロウソクを入れ,火を付けて完成です。 簡単ですよね( ・∀・)∩
注意点は,ロウソクを入れ易いように作るコトと,ロウソクを風から守るように
作るコトです。

 


雪玉と雪玉の隙間から洩れるロウソクの明かりが,
なんとも言えない情緒を作り出します。

 


ちょっとアレンジして,雪だるま王国を作ってみましたw

 


他のボランティアの皆さんも,夢中で作ってます。
大阪から一人で来てる方や,中国や韓国など海外からわざわざ
ボランティアのためだけに来てる方もいらっしゃいましたよ。 
頭が下がりますm(_ _)m

 


雪玉ばっかり作ってて腕が筋肉痛になってきたので,
今度は,スノーキャンドルを作ってみました。

 


まず,バケツにギュウギュウと雪を詰めて・・・

 


ひっくり返して,バケツをポン!と叩きます。 すると・・・

 


中身が抜けました♪

 


これを綺麗に整形して,ロウソクを入れる入り口を作って出来上がりです。
小さいかまくらを作るような感じですね^^

 


慣れてくると,二段も作れます。
この状態でロウソクを入れてもいいのですが,なんかちょっと寂しいので・・・

 


雪だるまを乗っけてみました( ・∀・)∩
これで,賑やかになりましたね♪

 


もう,スノーキャンドルを作る場所がなくなってきたので・・・

 


会場の入り口に,ドーンと三段のスノーキャンドルを作ってみました。

 


仕上げに,一枚目の写真に出てきたコイツを・・・

 


てっぺんに乗っけて完成です \(゚∀゚)/デキター!!

 


会場入り口なので目立ちまくってます♪
スノーキャンドル作りには,決まりごとが3つあって・・・
  1,雪に着色しない
  2,電気は使わない
  3,雪の造形に凝りすぎない
この3つを守れば,好きなように作れます。
あくまで,主人公は雪とロウソクの灯りと灯りが作り出す影です。
その点を踏まえてどのように作るか・・・思案のしどころです♪ 
ボランティアのセンスが試されますね(・∀・)

 


昨日は,ロウソクの試験点灯も行われました。

 

 
ロウソクの暖かい灯りが,雪に映えます(*^▽^*)

 


まだ暗くなる前に試験点灯は行われたのですが,
夜はもっと綺麗でしょうね^^b

 


私が担当した会場のお隣の「手宮B1」会場には,雪のトンネルが・・・

 


雪玉を,雪壁に貼り付けるように作ってます。
これを作った方は,センスが素晴らしいですね(・∀・)b

 


昨日は,テレビ局の取材が殺到してましたよ。
5社ぐらい来てました。

 


これは,ロウソクのロウで作られた「ワックスボウル」です。
本物の落ち葉を貼り付けてます。

 


とってもやさしい灯りでした^^

 


「小樽雪あかりの路」は,今日から本番です。

 


期間中は,可能な限りボランティアに参加しようと思います (`・ω・´)>

 


皆様も,ぜひ「小樽雪あかりの路」に足を運んでみてください。
シンプルな雪とロウソクの演出に,感動するコト間違いなしです。
来たついでに,私の作品も見てくださいねw
ただし,スノーキャンドルはすぐ壊れますので,
週末には雪だるま王国も崩壊してると思いますが・・・ヾ(´▽`;)ゝ

 


2008-02-08 00:53  nice!(17)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

- | 次の15件 小樽雪あかりの路♪ ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]